【ZOZOTOWN】前澤友作さんの考え方がマッチョすぎた件【筋トレ】

Pocket

※9月12日更新【ZOZOTOWN】前澤友作さんの考え方がマッチョすぎた件【筋トレ】

こんにちは、まえのです。


9月12日(本日)にYahoo!から正式に資本業務提携でZOZOTOWN(ゾゾタウン)から身を引いた前澤友作氏。


この方の考え方が非常に『マッチョ』すぎたので「これはトレーナーとして書かなければならない」と思い立ち、執筆に至りました。



知らない人のためにサクッと『前澤友作さん』の紹介。
マッチョですよ。

 

ZOZOTOWN前澤友作
前澤 友作(まえざわ ゆうさく、1975年11月22日 – )は日本の実業家。
ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するZOZOの創業者であり、代表取締役社長である。また、現代アートの普及活動及びアーティストの活動支援を目的とした公益財団法人現代芸術振興財団の会長。血液型O型。

ハードコア・パンクバンドSwitch Styleのドラマーでもあり、バンド解散までミュージシャンと経営者の二つの顔を持っていた。 フォーブス誌によると2019年3月時点で、総資産は2220億円で、日本長者番付23位。

つらつらと書いているんですが、めちゃめちゃ成功者。
でも、レコードから始まったのは意外ですよね。笑


今回は、そんな前澤さんの『衝撃引退』
正直言って、こんなすごい方が「なぜ身を引く!?」と言う感じですが、そう言ったまとめサイトは他にもあるので今回は、違う角度から攻めてみたいと思います。



 

✔︎考え方が『マッチョ』すぎた前澤友作
考え方がマッチョ過ぎる前澤友作

まずは、こちらの記事をご覧ください。
こちらの記事は、『R25』と言う記事の前澤友作さんのインタビュー記事です。

https://r25.jp/article/545051307150263563?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=share_on_site&utm_content=pc

https://r25.jp/article/545051307150263563?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=share_on_site&utm_content=pc

とにかく、気さくで子供みたいです。笑
それに加え、この『豪快』かつ『わかりやすい』お金の使い方!



前澤さん曰く、
『お金は使えば使うほど増える』と断言している様子ですが、この記事には書いてないことを少し横から「ちょっと待った!」と言わせてもらいますね。



確かに、前澤さんが言うように『事業資産』や『自己投資』にお金を投下すれば将来的に財産の増加が見込めるかもしれませんが、仕事につながらない『消費』に使えばもちろん無駄。



僕は、そう思うんですが何せ相手は上場企業の代表取締役なので何を考えているかはわかりません。笑
ただ、前澤さんの考え方は常軌を逸しているわけでなく子供のように「欲しい!」となったら手を伸ばす様子。


これは実は、マッチョの『筋トレして筋肉つけたい!』と言う欲望と一緒なんです。
子供のような欲望を丸出しにしてコツコツ頑張るのがトレンドになりそう。


よって、前澤友作さんの考え方はマッチョです。

✔︎成功者の考え方を真似するだけでいいのか?

さて、たまに『成功者の習慣・考え方を真似するといい』と言うジンクスに似たものを聞いたことはありませんか?


ここですぐさま『行動する』人にはもちろん、変われる可能性は0では無くなります。
逆に「いや、成功者にしかできないんだろうな」と諦めてしまう人は絶対に何をやってもうまくいきません。断言します。



これは、筋トレも同じなんです。




✔︎トレーニングも、『したもん勝ち』の世界

一見意味がわからないかもしれませんが、これ事実なんです。
なぜかと言うと、『筋トレした人には精神的・身体的メリットが同時に押し寄せるから』です。


この事実を知っているか知らないかで大きな違いが出てきます。
ちなみにかの有名な『オバマ大統領』も朝にホワイトハウスに行く前に筋トレをしていたらしいですよ。



そこで、『筋トレする時間がない〜』と言っているあなたに一言ぶつけておきます。


オバマより忙しいんですね、頑張れ

 

✔︎経営者と筋トレの相性が良過ぎる

ちなみに、前澤友作さんのような実業家の方は朝に筋トレを欠かさない、と言う方がほとんどです。
もちろん、IT社長でも上場起業の社長でも筋トレを欠かしません。



理由は、一つ。

メリットしかないから

もう完全に、これに尽きます。
むしろ、こう言った理由がないと社長は、時間がないので無駄なことに時間を使う暇がないのです。



それに、身体が大きくなることで『安心感』を企業先に見せつけることもできますね。
ビジネスの世界って『肩書きや見た目』を判断材料にしているところもあるらしいので、そう言った場面でもかなり特異性を出せます。



 

✔︎結論&まとめ
ZOZOTOWNに見習え!ひたすら挑戦!

ZOZOの前澤友作さんのように挑戦をしまくる人になろう!失敗は怖くない!





✔︎後筆談

よくビジネス書を読んだり、いろんな起業家の方の意見を自分の人生に織り交ぜたりするんです。


そんな時に思うこと。


果たして、凡人の自分が真似したところで変われるのか?



でも、ここで思い返して欲しいのが、『変われるのか?』ではなくて、『変わる!』と言う意気込みなんだと思います。



絶対に周囲からは馬鹿にされるでしょうが、僕は少なくとも挑戦しまくる人は大好きです。

頑張れ!

僕が指導しているパーソナルトレーニング専門ジムです。
神戸にあるのでぜひお越しください

https://www.instagram.com/p/B1Tehr8F2G2/?utm_source=ig_web_copy_link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です