筋トレと継続の共通点は『休息』が欠かせない話【結論:無理してはダメ】

Pocket

※10月10日更新→筋トレと継続の共通点は『休息』が欠かせない話【結論:無理してはダメ】

こんにちは、25歳現役パーソナルトレーナーまえのです。
普段は、神戸で『パーソナルトレーナー』をしながら
『レンタルスペース経営』もしています。

休息、取ってますか?
僕は常に取ってます、てか取れています。
フリーランスはありがたいことに適度な休息が取れます。



しかし、休息の件でこんな意見を現実世界で飛び交っているのを聞きました。

会社員は、休息いらないだろ、休んでる暇なんてないんだ!

いやいや、違いますからね。
社員の方でも適度に休息を取ったほうがいいです。
その理由をパーソナルトレーナーなので、筋トレと絡めて説明したいと思います。



✔︎一流のスポーツ選手でも8時間以上寝る

一流は、休息も一流

【アスリートと一般人の睡眠時間】
アスリートにとって睡眠は、コンディショニングの中でもトレーニングや大会への準備やリカバリー(疲労回復)手段として必要不可欠な生活習慣です。一般的に、成人の平均睡眠時間は7〜9時間、子どもの平均睡眠時間は9〜10時間とされています。また、一般成人の平均睡眠時間と比べて、オリンピアンの平均睡眠時間は、8時間半と比較的長い、と言われています。 引用元:https://pathway.jpnsport.go.jp/lifestyle/column02.html




上記は、アスリートに特化したサイトから引っ張っていますが。
この結果で分かる通り、『アスリートは一般人よりも多く睡眠時間を取っている』と言う事実なんです。



えぇ!?アスリートって、僕らよりも過酷な練習をしているから睡眠時間削っているんじゃないの!?

こんな風に思っていませんでしたか?
全く違いますよ。
これを筋トレと絡めて理由を説明しますね。



✔︎筋肉は休息ありきで成長する

あなたは、筋肉がどうやって成長するのか知っていますか?
この件について、筋肉が大きくなるメカニズムを教えます🔻

 

筋肉が大きくなるメカニズム
シンプルに3つ。 この3つを守れば、確実に脱ガリガリです。
1、『ジムに行ってトレーニングする』
2、『よく食う。めっちゃ食う。』
3、『めっちゃ寝る』

これ以上もこれ以下もないです。

このように、段階があります。
しかし、一番重要なのが『休息』のところです。
筋肉や仕事が大成しないのは休息が多く取れていないのが関係しているかもしれません。



アスリートでも頭をリフレッシュさせて、筋肉を大きくするためには8時間以上もかけると言うのに一般人である僕たちは7時間以下になってしまったら一生勝てませんよね。笑



勝たなくても、追いつこうとする。
それだけで成長の幅が大きく変わってくると思いませんか?
僕は、思います。

✔︎最高の休息の取り方

最高の休息の取り方

上記は、僕が参考にしている…て言うか最近読んだ書籍です。笑
トレーナーとして、『休息』についても解説しないといけないのでこういった書籍を適度に取り入れています。


この書籍は、専門書ではなく一般の方に向けてわかりやすい言葉で解説してくれていますのでかなり読みやすかったです



睡眠や休息で悩まれている方は、ぜひ読んでみることをトレーナーの僕からオススメさせていただきます。






やっぱり、休息は質が重要なのでその知識を入れておかないと、どうしても『量』を多く取ってしまうのですね。
こんなことは身に覚えがありませんか?

ヤッベェ、今日休みだから12時間も寝ちまったよ…

もちろん、休みの日なので基本的に何をしたって構わないです。
ただし、少しもったいなくないですか?



しかも、睡眠はとればとるほどいいってこともありません。
『質』を大事にしてこその成長につながるので、その辺りをしっかり理解した上で睡眠を取っていきましょう。



はっきりいっておきますが、『忙しいから睡眠時間が取れない』は論外です。
優秀な人はサッサと仕事を終わらせて残業はなく、パッと帰って睡眠時間を多くとって、次の日は頭をリフレッシュさせて仕事に向かう。



そんなサラリーマンの方が、かっこいいとは思いませんか?



僕はちなみに8時間睡眠は絶対にとっています。


✔︎まとめ&結論

休息は成長への大事な糧なので、しっかり積み上げよう!

✔︎後筆談

まぁ、こうは言っても『忙しいから…』と言う理由で難なくドロップアウトしてしまうんです。


しかし、本当に忙しい人にこそ休息は取った方がいいと推奨しておきます。
僕も実際にフリーランスになってから時間もたくさん取れて余裕も少しづつ出てきたので、こんな風に生活できています。



もし、今の環境が忙しすぎるならば、少し環境を変えてみた方がいいかもしれません。



何かを得ようとするならば、何かを捨てなければならないのも事実です🔻

【重要】何かを得るためには何かを捨てないといけない話




環境から脱することで見えてくるものがありますよ。




僕が指導しているパーソナルトレーニング専門ジム&レンタルスペース開業方法を記したnoteです。

1冊500円。
実際に購入された方のご感想も載せているのでご覧ください☺️

https://www.instabase.jp/space/4365155394
(STUDIO GARDEN
レンタルスペース神戸/1時間1000円〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です